雀龍門はアーケードゲームそっくりで、リアルな麻雀の臨場感と緊張感が体感できる無料3Dオンライン麻雀ゲームです

雀龍門

「雀龍門」(じゃんりゅうもん)は臨場感、緊張感を味わえる、大人気の無料3D麻雀オンラインゲームです。インターネットさえあれば自宅でもどこでも、アーケード麻雀ゲームの感覚で、全国のプレイヤーを相手に対局を楽しめるのが魅力です。マウスだけで簡単に操作できるので、麻雀のルールさえ把握すれば誰でもプレイすることができます。対局中のボイスや手のモーションなど、演出も盛りだくさんです。

雀龍門は美しい3Dグラフィックで描かれ、麻雀牌の動き一つ一つまでとてもリアルなので、臨場感や緊張感もリアルに体感できる3Dオンライン麻雀ゲームなのです。アーケードゲームの麻雀ゲームとそっくりな作りで、さらに全国のプレイヤーを相手に対局を楽しめるようになっています。マウスだけで簡単に操作できるので、麻雀のルールさえ知っていれば誰でもプレイすることができます。

とにかくリアルな作りで、実際のプロ雀士の手の動きをモーションキャプチャーしたり、色々なハンドアクセサリーも用意されています。他にも戦況に応じて声の演出などもあります。

対人モードでは全て、対局の結果によりゲームマネー「雀珠」が変動します。麻雀が持つ奥の深いゲーム性、運、戦略性を感じることができるので、スリル満点です。対局モードも色々用意されていて、全国のプレイヤーとの固定ルールでの「公式戦」では戦績も記録されますし、知り合い同士でルールを設定できる「友人戦」など気軽に楽しめるものもあります。

もう一つの特徴はエンターテイメント性です。「ハンド演出」は実際のプロ雀士の手の動きをモーションキャプチャーしたものです。色々なハンドアクセサリーも用意されているので、自分を表現することも可能です。他にも戦況に応じて現れる「ボイス演出」もあります。リアルなだけでなく、楽しむことができる麻雀オンラインゲームです

雀龍門はどんなゲーム?

雀龍門とは韓国のオンラインゲームです。開発したのはエヌ・シー・ソフト。運営はエヌ・シー・ジャパンが担当しています。サービス開始は2009年12月11日ですが、大規模なアップデートに伴い、翌年の2010年10月16日には「雀龍門2」としてタイトルが変更されております。雀龍門に用意されているゲームモードには、「公式戦」、「友人戦」、「チュートリアル」の3つあり、その中で公式戦と友人戦の2つは半荘戦と東風戦とを選択できます。また、雀龍門2になって、「公式戦」は「公式卓」へ、「友人戦」は「友人卓」へ、また「チュートリアル」は「練習卓」へと名前が変更になりました。

公式戦と友人戦には、ゲーム内通貨である「雀珠(ジャンタマ)」という仮想通貨が用意されていて、雀龍門での勝ち負けは、この仮想通貨によって清算されることになります。賭け事である以上、たまたま負けがかさむことによって、雀珠が一定のラインよりも少なくなってしまうこともあります。そんな場合、雀龍門では、エヌ・シー・ジャパンの公式サイトにアクセツすれば、一律に5000雀珠まで、しかも1日に何度でもチャージすることが出来ますので、復活、リベンジは思いのままです。このゲームでいう「公式戦」とは、メインとなる対局モードで、システムとしてはこれに参加した時点で他の対局者と自動的にマッチングされます。また、「友人戦」とは、読んで字のごとく、友人同士の対局となります。さらに、「チュートリアル」とは、そもそもマージャンや雀龍門の初心者の練習用に設定された対局モードで、対戦するのは主にコンピューターとなります。

雀龍門の楽しみ方

まず、雀龍門は「オンライン麻雀」なので、「自宅にいながら全国のプレイヤーと対戦できる」のが特徴です。その際、「他のプレイヤーとコミュニケーションをとることができる」ので、「麻雀友達」を作るのも可能です。ライバルを作って、互いに腕を競い合うのも良いでしょう。上級者にコツを教わり、腕を磨いていくのも良いでしょう。段位を上げ、全国トップを狙うのもおもしろそうです。雀龍門は麻雀のゲームですが、「遊び方は無限大」だと私は思います。「オンライン」という素晴らしい技術を生かしている「次世代の麻雀」といっても過言ではないでしょう。楽しみ方は人それぞれですが、まずは他の人絡んでみてください。

「出会いがない」という人は、mixiやツイッター、出会い系サイトなどをオススメしておきます。(^_^;

雀龍門のプレイヤーは全国各地におり、多くの人が「SNS」を利用しています。インターネット上には「雀龍門のコミュニティ」もあるでしょうし、「友達を募集している人」だっています。そういった人達に対して積極的に声をかけていきましょう。一緒に遊ぶ友達がいれば、「一人の時よりも雀龍門が楽しくなる」と思いますよ。チャットを打つのが遅いという人は「音声通話サービス」を利用してはいかがですか?マイクがあれば利用できますし、文字を打つ手間が無いのでオススメです。いずれにせよ、「多く人と交わる」のが雀龍門を楽しむ最大のポイントです。せっかくのオンラインゲームですから、沢山の友達を作りたいところです。